かかりつけ医を探そう!さいたま市大宮の皮膚科ガイド
HOME » 【症状別】皮膚科の口コミ・体験談【埼玉編】 » 皮膚炎(湿疹・虫刺され・じんましん・乾癬など)

皮膚炎(湿疹・虫刺され・じんましん・乾癬など)

大宮の皮膚科で湿疹、虫刺され、蕁麻疹(じんましん)、乾癬などの皮膚炎の治療をした人たちの口コミや、皮膚炎の治療法を紹介しています。

皮膚炎とは

かゆみを伴う湿疹ができてしまう皮膚炎は、かぶれや虫さされ、アレルギーなど様々な原因で引き起こされる病気です。外からの刺激だけでなく、アトピーや健康状態なども原因になることがあり、原因がわからないというケースもしばしば。 治療には、ステロイド外用薬や抗ヒスタミン薬などの内服薬で炎症やかゆみを抑える対症療法が一般的です。患部を冷やしてあげると症状が緩和することもあります。

ただし、原因がわかっていないと一度治ってもまた再発してしまうことも大いにありえます。原因がわからない場合には、皮膚炎ができる場所や状況などから総合的に判断して原因を探って予防につなげましょう。 また、治療が遅れて悪化してしまえば、痕が残ってしまうこともありえます。

また、なかには帯状疱疹や悪性腫瘍など重篤な病気が潜んでいる可能性もありますので、経験豊富で信頼できるお医者さんを見つけたいところですよね。 皮膚炎が長引くようなら、自己判断で間違ったケアをせずにきちんとお医者さんにかかることが大切です。

皮膚炎(湿疹・蕁麻疹・乾癬など)の口コミ【大宮の皮膚科】

吹き出し子どもの湿疹で受診しました。先生が励ましてくれるし、スタッフの手際も良いので信頼して子どもを診てもらえますね。

吹き出しオムツかぶれで診てもらいましたが、薬の塗り方などを丁寧に指導してくれて、とてもわかりすかったです。

吹き出し湿疹の診察をしてもらったときは、本を見せてくれながら、症状や治療について解説してくれました。看護師さんも優しくて良かった。

吹き出しずっと湿疹が治らなくて悩んでいたけど、先生の指摘どおりに予防接種をすると、薬なしでも治りました。

吹き出しほかの病院では虫刺されといわれたけど、専門の皮膚科で診てもらうと実際は帯状疱疹でした。先生が私の話にすごく耳を傾けてくれたので安心できました。

吹き出しやさしくて人柄のいい女医さんです。虫刺されがひどくなったときも、薬の塗り方を丁寧に教えてくれました。

吹き出し体に疲れやストレスを感じると、すぐに蕁麻疹(じんましん)が出てしまうのですが、院長先生の親身な対応で無事に治りました。

吹き出し長年ずっと悩んでいた乾癬が皮膚科で処方してもらった良薬のおかげで改善傾向にあります。このまま治療を継続していこうと思います。

【コラム】わたしの湿疹治療記

ある日、わたしは腕に湿疹ができてしまいました。

はじめは「ちょっと湿疹になったかな…」という感じで、あまり重く受け止めていませんでしたが、かきむしっているうち、とびひになってしまいました。

どうやら、かきむしったところに細菌が感染してしまったようで、からだのあちこちに水泡が…。

もはやいかんともしがたく、ニキビ治療でも通ったことのある皮膚科に駆け込んだ次第です。

以前に治療を受けたときと変わらず、先生はおっとりした感じながらもテキパキと診察してくれました。わたしの話もちゃんと聞いてくれるし、的確な返事がもらえるので、かなり信頼を置いている先生です。

診察の結果、処方されたのは内服薬と塗薬。

肌は結構ひどい状態だったので、一時は跡が残ることも覚悟しましたが、先生の処方のおかげですっかり完治しました。

完治までに少し時間はかかったものの、心配していた跡も残っていません。本当に感謝しています。

【皮膚科の治療法】皮膚炎

手の皮膚が荒れている女性皮膚炎には、湿疹や蕁麻疹、虫刺されによるかぶれ、乾癬などさまざま症状があり、自分でセルフケアできるものと、そうでないものとがあります。

皮膚炎の治療において、いちばん怖いのは浅はかな知識で判断してセルフケアしてしまうこと。間違ったケアをすることで、簡単に治る症状も重症化してしまうことも少なくありません。

では、セルフケアできる皮膚炎とはどのようなものでしょうか。

これは2つのパターンしかありません。

1つ目は軽い湿疹。時間が経てば症状は引いていきます。2つ目は原因がわかっているかぶれなど。原因がわかっているので、それを避ければOKです。

つまり、これ以外の症状であれば、病院やクリニックで医師に診てもらうのが必須となります。

とくに、ただの皮膚炎かと思っていたら「実は内臓疾患や悪性腫瘍の症状だった」というケースもあります。

では皮膚炎だった場合、病院ではどのように治療していくのでしょうか。

代表的な治療法は、薬を用いて症状の悪化を抑えるという方法です。

抗ヒスタミン薬、ステロイド薬、非ステロイド性抗炎症薬、抗生物質など、患者1人ひとりの症状や体質に合わせて、もっとも効果的な薬を処方してくれます。

いずれもすぐに完治するわけではありませんが、的確な処方であれば、少しずつ良くなっていくのを実感できるでしょう。

また、突発的な蕁麻疹(じんましん)などでは、応急処置として患部を冷やすときもあります。

大宮区でかしこく探す皮膚科の名医

 
かかりつけ医を探そう!さいたま市大宮の皮膚科ガイド