かかりつけ医を探そう!さいたま市大宮の皮膚科ガイド
HOME » 【症状別】皮膚科の口コミ・体験談【埼玉編】 » 感染症(水虫・たむし・ヘルペスなど)

感染症(水虫・たむし・ヘルペスなど)

大宮の皮膚科で水虫、たむし、ヘルペスなどを治療をした人の口コミ、水虫治療の体験談、感染症の治療法をまとめています。

感染症(水虫・たむし・ヘルペス)治療の口コミ【大宮の皮膚科】

吹き出し水虫で診察していただきましたが、スタッフの対応もよく、先生の腕も評判どおりでした。患者の意見を聞いてアドバイスをくれますし、薬の処方の説明も丁寧でよかったです。

吹き出しさいたま市大宮内でも数少ない大きな病院です。女医さんが診てくれたので安心できました。それに病院内で薬の処方ができるので、外部の薬局に行かなくてもいいのも便利。感染症も無事に治りました。

吹き出し水虫治療で有名な先生なので、いつも混雑しています。かなり遠方から通院している患者さんも多いみたいですね。飲み薬は5,000円くらいと高めですが、私の場合、塗り薬だけでは治らないので割り切っています。この飲み薬のおかげで完治することができました。

吹き出し2年も治らなかった手のタムシが1ヶ月でかなり改善しました。その後、また悪くなったのですが、皮膚科の先生が新たな薬を処方してくれたおかげで、ものの1週間で完治してしました。

吹き出し的確な診断をしてもらい、きちんと薬を塗っていたら水虫が治りました。専門医に診ていただくのは大切だなと実感しました。

吹き出し腹部のピリピリとした痛み、発熱、全身の震えがあったので病院に行ったら、ヘルペスと診断されました。先生の話によると、誰でもヘルペス菌を体内に持っていて、免疫やストレスで弱ると悪さを始めるとのこと。塗り薬と飲み薬を処方してもらったので、しばらく様子を見たいと思います。

吹き出し首筋にかゆみのある水疱ができて、虫刺されだろうと放置していたら、水疱が広がってただれたようになってしまいました。あわてて皮膚科を受診したら、ヘルペスに感染していたことが発覚。水疱が瘡蓋(かさぶた)状態になっていて、もうすぐ治りかけの状態だったのですが、先生が軟膏を処方してくださり、その後数日で治すことができました。

【コラム】わたしの水虫治療記

仕事柄、靴・靴下を1日中はきっぱなしなことも多く、いつしか水虫になっていました。

「そのうち完治するだろう」と思い、市販の水虫薬を使い続けていたところ、患部もだんだん良くなり、悩まされていたかゆみも消えていきました。

しかし、治ったと思って薬の使用をやめてしばらくすると、またかゆみがぶり返すという繰り返し…。

自宅での治療には限界があると思い、皮膚科での診療に至ったわけです。

医師によると、やはり治ったと思って途中で薬をやめてしまったのが悪かったらしく、完治させたいなら今度は「先生の指示があるまではやめないで」ときついお達しが…。

また、爪の中にまで水虫の菌が入っていると、市販薬だけでは治療が難しく、完治できないのだとか…。

幸いにもわたしは爪水虫になっていなかったので、抗白癬菌外用剤(塗り薬)を処方されただけで済みました。

何度か通院しながら、根気強く数週間、塗り薬を続けた結果、ようやく先生から「治りましたね」とのお言葉が!

自分で治療していた期間のことを考えれば、最初から通院していた方が、かなり効率的だったことは言うまでもありません。

【皮膚科の治療法】感染症

水虫に悩むおじさん水虫やたむし、ヘルペスなど皮膚への感染症は、かゆみのほかにも、見た目的にも不快な思いをしてしまう病気です。

  • 水虫

水虫の原因は、しけった場所と角質を好む白癬菌が、足の指の間などで繁殖してしまうことにあります。

そのかゆみは、発症した人でなければわからないような、嫌らしいムズムズ感が特徴。

市販薬も多く売られていますが、確実に完治させるためには専門医による診療が必要でしょう。

病院での治療では、顕微鏡などで白癬菌の存在を確認したうえで、塗り薬の処方が中心となります。ポイントは、医師の指示があるまで決して薬をやめないこと。

「かゆみが治まった」と思っても、菌はまだ生きていることが多いのです。

爪水虫になっている場合は塗り薬だけで完治させるのは難しいため、ラシミール錠などの飲み薬を処方してもらい、体の内側から抗菌する必要があります。

完全に爪が生え変わるまで、長い場合は2年ほど根気よく治療を続けることが大切です。

  • たむし

たむしも水虫と同様に白癬菌の一種。抗白癬菌外用剤抗白癬菌内服薬などの処方で治療を進めますが、途中で薬の塗付・服用をやめてはいけないのは水虫と同じです。

  • ヘルペス

放っておいてもなかなか治らない水虫やたむしと違い、ヘルペスは1~2週間程度で自然治癒するのが特徴。

とはいえ、くちびるにできる口唇ヘルペスは、決して見た目のいいものではないので、一刻もはやく処置したいところでしょう。

アシクロビル、ビダラビンなどの外用薬、アシクロビル、塩酸バラシクロビルなどの内服薬の処方のほか、点滴での処置をする場合もあるので、医師の指導にしたがってください。

大宮区でかしこく探す皮膚科の名医

 
かかりつけ医を探そう!さいたま市大宮の皮膚科ガイド