かかりつけ医を探そう!さいたま市大宮の皮膚科ガイド
HOME » 【症状別】皮膚科の口コミ・体験談【埼玉編】 » 帯状疱疹の治療ってどこへ行くの?どんな治療なの?

帯状疱疹の治療ってどこへ行くの?どんな治療なの?

帯状疱疹ってどんな病気?

病室

病名としては有名な帯状疱疹ですが、実際にどのような病気であるのか理解されていないことが多いです。

帯状疱疹は、皮膚へのウイルス感染症の一種で、体の左右どちらかに偏って痛みや不快を感じるのが特徴です。

子供の時に掛かることが多い水ぼうそうが関係している帯状疱疹は、神経痛のような痛みを感じます。

水泡となってからかさぶたになって完治するまで1か月程度掛かりますが、痛みの感じ方などには個人差があります。

初めてかかった時には、病名が分からず不安になるかもしれませんが、左右どちらか一方に不快感がある場合には、帯状疱疹を疑いましょう。

帯状疱疹の症状

水ぼうそうのように全身に発疹ができることから、帯状疱疹という病気を知らない場合には、蕁麻疹などの病気を疑うこともあります。

一度なると二度とならないとは言い切れない帯状疱疹は、再び罹患する可能性も十分考えられます。

しかし、ウイルス性の皮膚疾患であるため、まだ水ぼうそうにかかっていない人にはうつる可能性があります。

ずっと自宅に閉じこもる必要はありませんが、安静にしながら処方された薬で治療を続けるしかありません。

また痛みの感じ方にも個人差があり、チクチクした不快を感じる程度の方から我慢できない激痛を感じる方まで様々です。

ですが、これらの不快や痛みも、適切な治療を受けて処方された薬をしっかり使いますと、時間の経過と共に症状が楽になります。

帯状疱疹になりやすい人とは

誰もがなる可能性があるウイルス性の病気である帯状疱疹ですが、ストレスで疲れが溜まりやすい環境の方は注意が必要です。

疲労が蓄積していますと、どうしても抵抗力が弱くなりますので、普段罹患しないような病気にかかる可能性が高まります。

疲労を溜め込まないようにすることと同時に、風邪予防などと同じく少しでも体調が悪いと感じた時には早く休むようにして、自ら対策を講じられる習慣を身につけましょう。

治療に最適な診療科目を選ぶ

帯状疱疹の治療は皮膚へのウイルス性の疾患ですので、皮膚科の受診がおすすめです。

しかし多くは、医師の診察を受けてから帯状疱疹であると自覚することが多いはずですので、皮膚に異常が出た時点で皮膚科での受診を決断することをおすすめします。

普段から通院しているかかりつけの皮膚科がある場合には、その医療機関での受診で問題ありません。

またクリニックと総合病院など、どちらを受診した方が良いのか悩むかもしれませんが、総合病院や大学病院は、紹介状がある方でないと診察しないなどという規制がある可能性があります。初めは気軽に受診できる近所のクリニックで良いでしょう。

受診する際に気を付けた方が良いこと

医師の診察を受ける場合には、いつ頃から皮膚の痛みや違和感があるのかなどを詳しく説明する必要があります。

また初めは虫刺されと勘違いして自宅にある軟膏を塗ってしまったなど、自分で行った対処法などもきちんと伝えますと、医師側も正しい診断が行えます。

帯状疱疹はチクチクした痛みだけではなく、場合によって激しい痛みを感じることがありますので、無理に我慢をせずに皮膚科を受診しましょう。

どうして皮膚科は混雑する?

ここで皮膚科が混雑する理由を紹介します。一度でも通院したことがある方ですと皮膚科の混雑を経験したことがあるはずなので分かるとは思いますが、他の診療科目のクリニックに比べて混雑しやすい傾向があります。

これは地域差やクリニックも規模によっても変わりますが、多くの患者がいるにもかかわらず皮膚科自体が少ないということも理由のようです。

皮膚科が少ない場合、どうしても一つのクリニックに集中して患者が集まります。特に週末など、開院しているクリニックがさらに減少することで、余計に開院しているクリニックに患者が集中します。

また皮膚科は様々な症状の方が利用する診療科目で、帯状疱疹の治療だけではなく、赤ちゃんのあせもの治療や学生のニキビの治療、アトピー性皮膚炎に治療や緊急に受診するやけどの治療など様々です。

混雑を回避して皮膚科を受診しよう

できれば早く診察を受けたいのは、受診するすべての方の願いです。混雑する皮膚科での受診は、開院と同時に入るようにするなど、朝早くや午後一番などとにかく患者があまり集まっていない段階で受診するのがベストです。

特に帯状疱疹の疑いがある場合には、症状がはっきりしない段階で過ごすよりも、少しでも早く医師の診察を受けて病名を告知された方が気分をスッキリさせられます。

皮膚科での受診で何度も長い時間待たされた苦い経験を持つ方は、受診するタイミングを工夫してクリニックを利用しましょう。

帯状疱疹は自宅療養で治すことができる?

混雑する皮膚科で受診をするのであれば、自宅でゆっくり過ごして治したいと考える方も中にはいるでしょう。

しかし帯状疱疹は、専用の薬を医師に処方されて治療をする必要がありますので、自宅で静かにしているだけでは一向に良くなりません。

それどころか悪化する可能性がありますので、気になる症状が出た場合には早めに医師の診察を受けましょう。

また塗り薬だけでなく飲み薬も処方されることから、体の中からの治療も同時に行うことが重要といえます。

風邪などのように自宅療養では完治できない帯状疱疹は、早く専門医に相談して適切な治療を受けましょう。

大宮で良い皮膚科を探すコツ

検索する

多くの人で賑わう地域には、多くの皮膚科が存在します。ファミリー層を中心に、若者や高齢者も多い大宮がその一つで、優良な皮膚科が沢山あります。

その中から良い病院を探すのは大変ですが、医療機関探しで役立つのは実際に利用した経験を持つ方の口コミです。

特に皮膚科はデリケートな部分を治療する場合が多く、適切な診断をして治療をしてくれる医師との出会いは重要です。

また電車で利用する方の場合は駅前の方が便利ですが、車で通院する方ですと、駐車場が広いクリニックが助かるという意見もあります。

更には、バスで通院する高齢者にとっては、バス停近くが良いという基準も設けられます。基本的には医師との相性やクリニック内の雰囲気が大切ですが、立地条件も皮膚科選びに欠かせないということを覚えておきましょう。

ちなみに帯状疱疹の治療は、初回の診察だけで終わることもありますが、薬を処方してその経過を医師に確認してもらうために、再度来院することを求められることもあります。

帯状疱疹になった時の注意点

痛みや違和感だけでなく、水泡やかさぶたができることで見た目の印象も大きく変わる帯状疱疹は、疲労や環境の変化などのストレスが大きく関係します。

普段から適度に休息をとって疲れをためないようにするなどの工夫が必要です。

また、帯状疱疹はウイルス性の皮膚疾患のため、まだ水ぼうそうに罹患していない人に近づくと移してしまう可能性があります。数日間は不用意な外出は避けて生活することをおすすめします。

ほかにも、処方された薬を自己判断で中断するなどの行為も好ましくありません。自分自身や周囲の人のためにも、早く確実に帯状疱疹を完治させるのが理想です。

自己判断で市販の軟膏などを塗って済ませようとする方がいますが、かえって症状を悪化させる可能性があります。

実際に帯状疱疹は、初めは虫刺されやできものと判断されやすいですが、痛みや違和感があるという兆候があります。

勝手に症状を決めつけず、早めに専門医へ相談しましょう。

大宮区でかしこく探す皮膚科の名医

 
かかりつけ医を探そう!さいたま市大宮の皮膚科ガイド