大宮区でかしこく探す皮膚科の名医

さいたま市大宮でおすすめしたい皮膚科5選 » 皮膚科に関する基礎知識 » 皮膚科との正しい付き合い方

公開日: |最終更新日時:

皮膚科との正しい付き合い方

歯痛や腹痛などの明らかな苦しみを伴う症状であれば、人は迷わずに病院を受診するでしょう。一方で、特に痛みを伴わないような皮膚疾患の場合、皮膚科を受診する人としない人は二分するのではないでしょうか。
皮膚科との付き合い方は人それぞれ。ここでは、皮膚科との正しい付き合い方を解説します。

自己判断ではなく受診すること

皮膚に関連するお悩みの多くは、「見た目」に関するお悩みという側面もあります。「見た目」に関するお悩みである以上、どこかで「他人に見られるのが恥ずかしい」という気持ちが湧いてくることもあります。

たとえば水虫。靴下を履いていれば疾患が見えるわけではありませんが、裸足の時には「他人に見られたら恥ずかしい」という気持ちが湧いてこないでしょうか?中には、「水虫くらいなら、わざわざ恥ずかしい思いをして皮膚科に行かなくても、市販の薬で治したい」と考える方もいることでしょう。

もちろん、皮膚に関する病気を恥ずかしく感じる気持ちは十分に理解できます。ただし、自己判断で「このくらいなら皮膚科に行くほどでもない」と考えるのは問題です。たとえば水虫の場合、症状が悪化してから受診すると「偽陰性」と誤診される可能性があります。

医療関係者は全員、患者に関する守秘義務を守っているので、どんな皮膚疾患でも恥ずかしがらず、どんな小さな疾患でも自己判断せず、速やかに皮膚科を受診することが大切です。

医院の処方薬と市販薬の違いは?

医院の処方薬には、基本的に診断された疾患を治すための成分しか含まれていません。一方で市販薬には、その疾患に有効な成分だけではなく、様々な成分が含まれています。その「様々な成分」が原因となり、別の皮膚疾患を誘発する恐れがあります。
また、医院での診断に間違いのない限り、基本的に処方薬を使用すれば疾患は改善方向へと向かうのが一般的。一方で市販薬の場合、自分で疾患を診断することができないため、場合によっては誤った薬効の薬を購入してしまう恐れがあります。誤った薬効の薬を使用しても、疾患が改善方向へ向かうことはありません。

症状が治まったら薬はやめてもOK?

医院の処方薬を使用すると、数日で症状に変化が現れることがあります。この変化を目にして、「もう薬を使わなくていいだろう」と自己判断するのは早計。病気の原因が皮膚の奥深くに残っていることがあるので、医師が指定した期間まで薬を使い続けることが大切です。
また症状によっては、初診から一定期間を置いて再診するよう医師から告げられることがあります。薬が効いているかどうか(効いていなければ別の疾患の可能性を検討する)、副作用は出ていないか、薬の強さの調整をしなくて良いかなどをチェックすることが再診の目的です。疾患を最短距離で改善させるためには、再診は非常に重要なプロセスであることを理解しておきましょう。

皮膚に違和感が現れたら迷わず皮膚科の受診を

普段とは異なる症状が皮膚に現れた場合、そこには何らかの原因があります。その原因が小さいものであれば良いのですが、小さいか大きいかは、素人が判断できるものではありません。内科的な疾患が皮膚の変調となって現れることもあります。
皮膚に何らかの違和感が生じたら、迷わず皮膚科を受診するようおすすめします。

大宮区でかしこく探す皮膚科の名医

【免責事項】
このサイトは2016年6月時点の情報を基に作成しています。最新の情報は各々の公式ページをご確認ください。

皮膚科で受ける治療内容には、保険適用と保険適用外のものがあり、保険適用外の治療については全額自己負担となります。保険適用外の治療について、プラン・検査種類が異なるため、費用や治療期間・回数は変動します。治療の副作用やリスクについても、治療内容により異なってきますので、不明点や不安な部分など詳細については、各医院・クリニックの医師にご相談の上、検討いただくことを推奨いたします。

皮膚科治療で使用している医薬品や医療機器の中には、国内未承認のものを使用している場合もございます。治療内容や治療に使う医薬品、医療機器は医院・クリニックの治療によって異なりますので、入手経路や諸外国における安全性、同一性能を有する国内の承認医薬品等の有無など、詳細については各医院・クリニックに直接ご確認をお願い致します。

さいたま市大宮でおすすめしたい皮膚科3選