さいたま市大宮でおすすめしたい皮膚科3選
さいたま市大宮でおすすめしたい皮膚科5選 » 【症状別】皮膚科の口コミ・体験談【埼玉編】 » アトピー性皮膚炎

公開日: |最終更新日時:

アトピー性皮膚炎

大宮の皮膚科でアトピー性皮膚炎の治療をした患者さんの口コミや治療法を紹介していきます。

アトピー性皮膚炎とは

慢性的な痒みや湿疹が出るアトピー性皮膚炎に悩む人、けっこう多いですよね。アトピー性皮膚炎の主な症状は、かゆみ・乾燥・湿疹など。子どもの患者も多い疾患です。 アトピー性皮膚炎の原因は、食事や石鹸、シャンプーなどの成分、ハウスダスト、花粉などいろいろ。日常生活に原因が潜んでいることが多いので、身の回りをチェックして、要因として考えられるものはできる限り取り除いてあげましょう。

治療のために病院に行くなら皮膚科へ行くのが一般的。治療方針としては、薬やスキンケアでかゆみや湿疹を抑えることがメインです。アトピー性皮膚炎を治療しないでそのままにしてしまうと、悪化してしまうことも。信頼できるお医者さんを見つけて、適切な治療とスキンケアを続けながら、症状を悪化させないことが大切です。 また、小さい頃にアトピー性皮膚炎に悩んでいた方も、大人になって症状が緩和した、治ったという例もありますので、上手に付き合っていきましょう。

出典:『アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 年版』2016年版 日本皮膚科学会
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/atopicdermatitis_guideline.pdf

アトピー性皮膚炎の口コミ【大宮の皮膚科】

吹き出し触診したうえでアトピーの状況を判断し、的確に薬を処方してくれました。“ただ薬を出すだけの医者”ではなく、信頼できました。

吹き出し娘のアトピーを診てもらいました。先生もスタッフも皆さん丁寧。症状についても優しく聞いてくれるので、安心して治療を任せることができます。

吹き出しこちらが希望すれば、他院ではしていないようなアトピー治療をしてくれます。先生も親しみやすくて、いい人でした。

吹き出しアトピーの原因などをわかりやすく説明してもらえたし、処方された薬を飲むことで、かゆみがほぼなくなった。

吹き出し子どものアトピーを安心して診てもらえる皮膚科です。有名な先生なので信頼できるし、出してもらえる薬も効きます。

【コラム】わたしのアトピー性皮膚炎治療記

わたしの息子はアトピー治療で、クリニックに通いました。そのときのお話しを少し。

常時、アトピーを発症するというわけではありませんが、10代半ばで発症してから時折アトピーに見舞われていました。

それでもなんとか日常生活に問題はなかったのですが、就職してからというもの、息子も仕事が忙しかったようで症状は徐々に悪化。半年も経つと全身がアトピー性皮膚炎に侵されるようになったのです。

アトピー性皮膚炎に良いといわれる治療法を、手当たり次第に試したものの、一向に効果はあがりません。

そんな中、クリニックのワクチン療法を知り、さっそく受診することにしました。

先生の話によると「肌の状態がよくなります」とのこと。わたしは「本当なのだろうか…」と不安になりながらも、その言葉に押され、息子は藁にもすがる思いで治療を受けることにしたのです。

1本、2本とワクチンを打ち、効果があらわれたのは3本目を打ったあとのこと。

あれほど悩んでいた顔や首筋のアトピーが、みるみるうちに引いていったのです。それはまるで、大雨であふれた川の水が引いていくかのごとくでした。

やがて、4本目のワクチンを打ったころには95%ものアトピーが治癒。

まだ治療の途中ではありますが、息子も今まで苦しめられたアトピーが嘘だったかのような生活を送れているようです。

【皮膚科の治療法】アトピー性皮膚炎

アトピーでかゆくなる子供のイラストアトピー性皮膚炎に悩む患者さんの多くから聞かれるのが、「いろんな病院やクリニックで診てもらい、さまざまな治療法を試したけど、一向によくならない」という声。

それには理由があります。処方薬に効果がなかったのでしょうか?もしくは体質的に効かなかったのでしょうか?

答えは、医師の間違った指導法・治療法です。

アトピー性皮膚炎の重症患者の90%が、「生活指導が間違っている」「適切な治療法でなかった」ことが原因で症状が重くなっているのです。

では、病院からどのような対応を受ければいいのでしょうか。

アトピー性皮膚炎を治すには、病院で押しつけられた治療だけでなく、患者自身が正しいケア方法について学ぶことが必要です。

入浴方法や保湿剤の使用方法、食べ物やダニなどへの注意点などの適切な指導を受けたうえで、治療に臨むのがいいでしょう。

治療にあたっては、ストロイド外用薬、プロトピック軟膏、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤の使用などで進めていきます。

病院で「ストロイド外用薬を処方されたから」といって、たんにそればかりを使っているようでは、症状が軽くなるとは限りません。正しい日常生活のケアを指導してくれる病院・クリニックを見つけるようにしてください。

大宮区でかしこく探す皮膚科の名医

【免責事項】
このサイトは2016年6月時点の情報を元に作成しています。最新の情報は各々の公式ページをご確認ください。

皮膚科で受ける治療内容には、保険適用と保険適用外のものがあり、保険適用外の治療については全額自己負担となります。保険適用外の治療について、プラン・検査種類が異なるため、費用や治療期間・回数は変動します。治療の副作用やリスクについても、治療内容により異なってきますので、不明点や不安な部分など詳細については、各医院・クリニックの医師にご相談の上、検討いただくことを推奨いたします。

皮膚科治療で使用している医薬品や医療機器の中には、国内未承認のものを使用している場合もございます。治療内容や治療に使う医薬品、医療機器は医院・クリニックの治療によって異なりますので、入手経路や諸外国における安全性、同一性能を有する国内の承認医薬品等の有無など、詳細については各医院・クリニックに直接ご確認をお願い致します。

さいたま市大宮でおすすめしたい皮膚科3選