さいたま市大宮でおすすめしたい皮膚科5選
さいたま市大宮でおすすめしたい皮膚科5選 » 【症状別】皮膚科の口コミ・体験談【埼玉編】 » 肝斑

公開日: |最終更新日時:

肝斑

30代以降の女性に多く現れるしみに似た「肝斑」の特徴とその治療法をまとめました。大宮にある皮膚科でを行っているクリニックや実際に治療を受けた人の口コミについてまとめています。

肝斑とは?

肝斑(かんぱん)は、額や頬、口の周りに左右対称性にみられる色素斑のことです。30代の女性に多く、妊娠や出産をきっかけにして、あらわれることが多いようです。

シミにも似ていますが、シミとはその原因や症状の特徴が異なります。シミは紫外線による色素沈着が大きな要因のひとつ。肝斑は女性ホルモンの変化や、お肌への摩擦や肌にあわない化粧品の使用によるダメージが原因とされています。

肝斑の特徴

シミとよく似ているためシミ取りのレーザー治療を行うと、悪化してしまうことも。レーザー治療を受ける際には、シミと肝斑を見分ける必要があります。

紫外線によっても悪化するため、夏に症状がひどくなり、冬には症状が改善する傾向があります。

それぞれよく似ていますが、シミとの見分け方には、いくつか特徴があります。

  • 左右対称であらわれている
  • シミの境界がくっきりとしている
  • 濃淡の差があまりない
  • 30代~40代であらわれることが多く、閉経後は薄くなることが多い

【皮膚科の治療法】肝斑

肝斑の原因には複数の要因があるため、肝斑の治療には飲み薬と塗り薬による治療が併用して行われます。

飲み薬(内服薬)

トラネキサム酸

肝斑は女性ホルモンの乱れが原因とされているため、肝斑の原因であるプラスミンの発生を抑えることのできるトラネキサム酸を服用します。トラネキサム酸は、アレルギーを引き起こすプラスミン(線溶酵素)の機能を抑えることができる薬です。

ビタミンC

ビタミンCには、シミやそばかすなどの元となるメラニン色素の生成を抑え、新しいシミの生成を抑える働きがあるとされています。

塗り薬(外用剤)

飲み薬だけでなく、レチノイン酸外用やハイドロキノン外用薬も服用できます。

ピコトーニング

シミ治療のためのレーザー治療の中でも「ピコトーニング」は、肝斑を悪化させずに治療できます。

その理由は、ピコトーニングに使うマシンが、熱ではなく、特殊な衝撃波によって、肝斑の原因となっているメラニンの沈殿に働きかけるためです。

また、その他にも、ミックスピーリング、エレクトロポレーション、ビタミンC点滴と併用するとよい効果が得られます。

大宮にある皮膚科で肝斑治療をしているクリニックと料金

大宮スキンクリニック

  • トラネキサム酸(28日分):3,300円
  • ビタミンC(28日分):2,200円
  • イオン導入:5,500円
  • フォトフェイシャル(両頬のみ):1回 / 11,000円

※消費税10%で算出

大宮区でかしこく探す皮膚科の名医