さいたま市大宮でおすすめしたい皮膚科3選
さいたま市大宮でおすすめしたい皮膚科5選 » 【症状別】皮膚科の口コミ・体験談【埼玉編】 » 角栓について知りケアをしっかりとしよう

公開日: |最終更新日時:

角栓について知りケアをしっかりとしよう

鼻やあごに角栓がつまってしまい、間違ったケアで皮膚がぼろぼろになってしまう人も多いものです。正しいケア方法を学んだり、エステやクリニックでのケアを受けたりすることによって上手にケアしていきたいものです。

鼻や顎のざらつき。角栓はなぜできる?

そもそも角栓とは毛穴につまった角質や皮脂のことを表しています。角質は肌の層が古くなった細胞で生きてはいないので取り除いたとしても痛みを感じることはありません。

毛穴にこのように角質や皮脂が詰まったままにしていると、ニキビなどの肌荒れの原因になることも考えられます。汚れや皮脂は毛穴をふさいでいるので、外から侵入する細菌や汚れを予防することも可能です。

しかし毛穴全体をふさいでしまうと皮膚の表面がざらざらになってきたり、肌トラブルを起こしやすくなったりするので適切な方法で取り除くことが大切になります。なぜ鼻やあごの部分に角栓ができるのかというと、主な原因としては毛穴の中に古い角質がたまっていることが挙げられます。

毛穴の中に角質がたまり、たまった角質に汚れや皮脂がくっつき、角質と汚れが乾燥することによりかたくとれにくい角栓になってしまいます。また一言で角栓といっても二つの種類があり、その一つがねっとり、しっとりしたタイプです。

この原因は古い角質の集まり、つまりは汚れであることがほとんどです。そのため洗顔料などで優しくこするように洗えば取れるはずのものです。

洗顔料で優しくこすったとしても肌の質によっては汚れがなかなか落ちない人もいるので、このような場合にはピーリングジェルを3日に1回ぐらいの割合で使っていくのも一つの手段となるでしょう。

もう一つがカサカサしてかさぶたになっているタイプです。この原因となっているものは汚れではなく、肌の乾燥などが原因によって本来であれば肌に必要となる皮膚がはがれかけていることが原因となります。

いわゆる粉ふきともよばれるものですが、もしもこの部分が乾燥していてかさかさしたりかさぶたの状態になっているのであれば、それは十分な水分が補われていないということになります。この場合汚れではなく、無理やりとってしまうとどんどんボロボロの状態になっていくでしょう。

正しい角栓ケアの方法

鼻のきれいな女性

無理に取り除こうとしてしまうと皮膚を傷つけて炎症をひきおこして、新たな角栓を作ってしまう原因にもなります。そのため角栓をとる場合には正しい方法でケアする必要があるでしょう。

正しい角栓ケアの方法としてまずはオイルと綿棒を使用する方法が挙げられます。鼻の周辺にたまっている角栓は乾燥によりかたくなっているのでなかなか取りにくいのが特徴です。

そのためまずはかたくなっている部分を柔らかくすることが必要となるでしょう。オイルと綿棒を使ったケアの方法としては、まずは綿棒にオイルをたっぷりと含ませ、鼻や小鼻のまわり、あごなどを綿棒で優しく円を描くよう動かします。

その後やさしく洗顔を行い、最後に化粧水や乳液をつけて完成です。メイクを事前に落として顔の表面に付いている汚れをしっかりと洗い流し、また肌を温めて毛穴を開きやすくしておくと、汚れが取りやすくなります。

オイルはベビーオイルなどで十分に可能であり、皮脂の成分に近いと言われているオリーブオイルやツバキオイルなども使うことができます。自分の肌に合ったオイルを上手に利用するようにしましょう。

また毛穴を柔らかくすることによって洗顔するだけでも上手にケアすることができます。毛穴を開いった状態で洗顔をすることによって、不要な皮脂や汚れをきれいに洗い流すことができるでしょう。毛穴を開く方法には蒸しタオルで温めることが挙げられますが、この方法はタオルの水分とともに肌の水分が蒸発してしまう可能性も考えられるので、十分な注意が必要です。

もう一つが鼻にラップをする方法で、鼻にラップをして20分から30分かけて保湿を行いましょう。半身浴を行いながら鼻にラップをすると、毛穴が開きやすい状態を作り出すことができます。

エステやクリニックによる角栓ケア

顔エステ

正しいケア方法を頭に入れて実行してみたとしても、なかなかうまくケアができないという人もいるでしょう。その場合にはエステやクリニックによるケアも一つの手段としてあげられます。大宮のクリニックでの治療と聞くと皮膚炎が中心になるのではないかと思う人もいるかと思いますが、実は鼻の角栓をはじめとする毛穴のトラブルにも対応しています。

大宮のクリニックで受けられる治療は毛穴の状態でも異なりますが、一般的によく知られている方法がケミカルピーリングと呼ばれるものです。これは肌の表面の古い角質を除去しターンオーバーを促すことで、皮脂のつまりや老廃物を排出させる方法です。

そのほかにも大宮のクリニックではレーザー治療も用いられ、肌にあえてダメージを与えターンオーバーを促し、古い角質や老廃物を排出させる方法もあります。これらを一般的な治療目的の大宮の皮膚科で受けることには抵抗がある人もいるかもしれませんが、このような場合には美肌づくりを専門とした大宮の美容皮膚科を利用するのもよいでしょう。

エステの施術では受けられないような高度な医療によって、鼻やあごの角質などのトラブルを根本から治療することが可能です。一般的な大宮の皮膚科で受けられない治療も多く取り扱っています。しかし大宮の皮膚科とは違い保険が使えないことも多く、一度の治療で治るものではありません。

繰り返しクリニックで治療を受けることでトラブルが起こらない肌質や肌状態の手に入れられるというわけです。

具体的な治療方法としては、毛穴につまった皮脂や古い角栓を取り除く吸引や、毛穴にレーザーを照射する毛穴レーザー治療、肌の新陳代謝を促すケミカルピーリングなどがあげられます。そのほかにも様々な治療方法があるので、担当医と相談の上自分に合った治療方法を受けることが大切です。

大宮区でかしこく探す皮膚科の名医

【免責事項】
このサイトは2016年6月時点の情報を元に作成しています。最新の情報は各々の公式ページをご確認ください。

皮膚科で受ける治療内容には、保険適用と保険適用外のものがあり、保険適用外の治療については全額自己負担となります。保険適用外の治療について、プラン・検査種類が異なるため、費用や治療期間・回数は変動します。治療の副作用やリスクについても、治療内容により異なってきますので、不明点や不安な部分など詳細については、各医院・クリニックの医師にご相談の上、検討いただくことを推奨いたします。

皮膚科治療で使用している医薬品や医療機器の中には、国内未承認のものを使用している場合もございます。治療内容や治療に使う医薬品、医療機器は医院・クリニックの治療によって異なりますので、入手経路や諸外国における安全性、同一性能を有する国内の承認医薬品等の有無など、詳細については各医院・クリニックに直接ご確認をお願い致します。

さいたま市大宮でおすすめしたい皮膚科3選